サンプルホーム

医師団員の声

私たちはMSFの日本支社にメールを送り、インタビューを行った。

インタビュー内容

~目次~
  1. 今、MSFにとって医師は足りてるか?
  2. どの科が医師不足に悩んでいるのか?
  3. 毎年、何人くらいが日本から団員として派遣されているか?
  4. 毎年、新規で何人くらいスタッフとして活動に参加しているか?
  5. MSFを志す人が中学生、高校生、大学生それぞれの間にやっておいた方がいいこと、やっておいてほしいことは何か?
  6. ボランティアはやっておくべき?(やるならどういうボランティアがいいか?)
  7. 将来、MSFに参加するにあたり、この大学のこのコースが良いとかあるか?
  8. 大学時代に英語、フランス語をしっかりと学ぶべきか?
  9. MSFに参加するにあたり、目安としてTOEFL、TOEICでどれくらいスコアを取ればいいか?
  10. 医療英語、医療仏語を学ぶにあたり、独学以外の方法は?
  11. MSFに参加するにあたり、あったら良いものとして毒性学があったが、毒性学はどこで学べばいいか?
  12. MSFに参加する上で好ましい人、好ましくない人とは?

1.今、MSFにとって医師は足りてるか?

日本人が内科医として働くためには日本語、英語、フランス語が堪能なトリリンガルにならなければならない、ということだ。つまり...

日本内の競争はかぎりなく低いにしても医師団員になるためには相当な努力が我々には必要なのだ。
▲1のトップに戻る ▲目次に戻る

2.どの科が医師不足に悩んでいるのか?


▲2のトップに戻る ▲目次に戻る
 

3.毎年、何人くらいが日本から団員として派遣されているか?

ここでMSFが提供してくださった資料をまとめて下のような棒グラフとしてみてみると、
ここからわかることは
・MSF全体、日本事務局いずれもアフリカ、アジアでの活動が多い。
・意外にも、オーストラリアでの活動がなされていなかった。
ということだろう。

▲3のトップに戻る ▲目次に戻る

4.毎年、新規で何人くらいスタッフとして活動に参加しているか?


▲4のトップに戻る ▲目次に戻る

5.MSFを志す人が中学生、高校生、大学生それぞれの間にやっておいた方がいいこと、やっておいてほしいことは何か?

ここでいう

非医療スタッフ

とは、
アドミニストレーター活動に不可欠な「お金と人材」
を管理する職を担う人。
や、
ロジスティシャン医療援助活動とスタッフの現地生活に関する幅広い業務を担当。
いわばMSFの縁の下の力持ち。
などがある。

▲5のトップに戻る ▲目次に戻る

6.ボランティアはやっておくべき?(やるならどういうボランティアがいいか?)


▲6のトップに戻る ▲目次に戻る

7.将来、MSFに参加するにあたり、この大学のこのコースが良いとかあるか?

▲7のトップに戻る ▲目次に戻る

8.大学時代に英語、フランス語をしっかりと学ぶべきか?

▲8のトップに戻る ▲目次に戻る

9.MSFに参加するにあたり、目安としてTOEFL、TOEICでどれくらいスコアを取ればいいか?

▲9のトップに戻る ▲目次に戻る

10.医療英語、医療仏語を学ぶにあたり、独学以外の方法は?

▲10のトップに戻る ▲目次に戻る

11.MSFに参加するにあたり、あったら良いものとして毒性学があったが、毒性学はどこで学べばいいか?

▲11のトップに戻る ▲目次に戻る

12.MSFに参加する上で好ましい人、好ましくない人とは?

▲12のトップに戻る ▲目次に戻る

topへ